ラテン語格言

Caelum non animum mutant qui trans mare currunt.

「カエルム・ノーン・アニムム・ムータント・クィー・トランス・マレ・クッルント」と読みます。
caelum は「天、空」を意味する第2変化名詞caelum,-ī n.の単数・対格です。
animum は「精神、心」を意味する第2変化名詞animus,-ī m. の単数・対格です。
caelum nōn animum だけで、「心ではなく空を」と訳せます。
mūtant は「変える」を意味する第1変化動詞 mūtō,-āre の直接法・能動態・現在、3人称複数です。
quī は関係代名詞quī,quae,quodの男性・複数・主格です。先行詞は省略され、「qui 以下の人々は」と訳します。
trans は「超えて」を意味する前置詞で、対格を支配します。
mare は「海」を意味する第3変化名詞mare,maris n.の単数・対格です。trans mare で「海を超えて」と訳せます。
currunt は「走る、帆走する」を意味する第3変化動詞currō,-ere の直接法・能動態・現在、3人称複数です。
「海を超えて帆走する者たちは精神でなく空を変える」と訳せます。
主語のいわんとすることは、「海をわたって諸国を旅する者」のことです。もっと広く解釈すると「住む場所をころころ変える人」のことです。「空を変える」とは、物理的に移動しているに過ぎないというネガティブな意味合いで言われています。
空間的な移動を繰り返しても人間は精神を変革することは出来ない、という意味になります。
逆の言い方をすると、人間はどこにいても自分の心をよりよい方向に変えることは可能である、とも解釈できます。
ホラーティウスの『書簡詩』に見られる表現です。(Hor.Ep.1.11.27)

ホラティウス全集
鈴木 一郎
玉川大学出版部

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5