ラテン語格言

Et tu, Brute?

2018年10月30日

「エト・トゥー・ブルーテ」と読みます。
et は「~もまた」を意味します。次にくる語を強調し、et A で「Aもまた」という意味を表します。
tū は2人称単数の人称代名詞、主格です。Et tūで「おまえも(・・・するのか)」というニュアンスです。
Brūte は 第2変化名詞 Brūtus,-ī m. (人名)の単数・呼格です。
ラテン語の名詞は第2変化の男性名詞の単数に限り、主格と呼格の形が異なります(語尾が-eになる)。
「おまえもか、ブルートゥスよ」と訳せます。
シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』に出てくる台詞です。
我が国では「ブルータスよおまえもか」の訳で知られます。
この文には動詞が省略されています。前後関係を考慮すると、「私を殺すのか」ということでしょう。その場合、Et tū necās (mē)? となります。
カエサルの最後の言葉として、Tū quoque, mī fīlī?(おまえもか、わが息子よ)という表現も伝わります。
Tūは2人称単数の人称代名詞、主格です。quoqueは「~もまた」を意味します。mīは1人称単数の所有形容詞meus,-a,-um(私の)の男性・単数・呼格でfīlīにかかります。fīlīは「息子」を意味する第2変化名詞 fīlius,-ī m.の単数・呼格です。

-ラテン語格言
-, , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5