ラテン語格言

ラテン語格言

Improbe Amor, quid non mortalia pectora cogis?

「インプロベ・アモル・クゥィド・ノーン・モルターリア・ペクトラ・コーギス」と読みます。 Improbe は「邪な」を意味する第1・第2変化形容詞improbus,-a,-umの男性・単数・呼格です。A ...

no image

エッセイ ラテン語格言

De fumo ad flammam. 煙から炎へ

ad flammam (炎へ)の部分は in flammam の形もあります。ad も in も方向を示す前置詞で、全体の意味は同じです。 「火のないところ煙なし」という言葉がありますが、この表現はち ...

ラテン語格言

Fit via vi.

2021/2/13    

「フィト・ウィア・ウィー」と読みます。 fit は「生じる」を意味する不規則動詞 fio の現在・三人称・単数です。主語は via です。 via は「道」を意味する第1変化名詞で、単数・主格の形です ...

ラテン語格言

Effugere non potes necessitates, potes vincere.

2021/2/13    

「エッフゲレ・ノーン・ポテス・ネケッシターテース・ポテス・ウィンケレ」と読みます。 effugereは「逃れる」を意味する第3変化動詞effugiō,-ere の不定法・能動態・現在です。 potes ...

ラテン語格言

Non quis sed quid.

2021/2/11  

「ノーン・クゥィス・セド・クゥィド」と読みます。 Nōnは「~でない」。quisを否定します。Nōn A sed Bで「AでなくB」を表します。 quisは疑問代名詞quis,quid(誰が、何が)の ...

ラテン語格言

Cui placet obliviscitur, cui dolet meminit.

2021/2/6    ,

「クイー・プラケト・オブリーウィースキトゥル・クゥィー・ドレト・メミニト」と読みます。 cuī は関係代名詞、男性・単数・与格です。与格になるのは、非人称動詞 placet の補語(placet は与 ...

ラテン語格言

Spem successus alit.

2021/2/26    

「スペム・スッケッスス・アリト」と読みます。 spem は「希望」を意味する第5変化名詞 spēs,-eī f. の単数・対格です。alitの目的語です。 successus は「成功」を意味する第4 ...

ラテン語格言

Lis litem parit.

2021/2/26    

「リース・リーテム・パリト」と読みます。 līs は「争い」を意味する第3変化名詞līs,lītis f.の単数・主格です。 lītem はその単数・対格で、parit の目的語です。 parit は ...

ラテン語格言

Oportet ferrum tundere, dum rubet.

2021/2/1  

「オポルテト・フェッルム・トゥンデレ・ドゥム・ルベト」と読みます。 oportetは「<不定法>をなすべきである」を意味する非人称動詞oportet,-ēre の直接法・能動態・現在、3人称単数です。 ...

ラテン語格言

Tu ne cede malis, sed contra audentior ito.

「トゥー・ネー・ケーデ・マリース・セド・コントラー・アウデンティオル・イートー」と読みます。 tūは2人称単数の人称代名詞、単数・主格です。 nēは命令法の動詞(cēde)を伴い、「~するな」を意味し ...

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5