ラテン語格言

Utrumque casum aspicere debet, qui imperat.

「ウトルムクゥェ・カースム・アスピケレ・デーベト・クゥィー・インペラト」と読みます。
utrumque は「(二つあるものの)各々の」を意味します。uterque の男性・単数・対格で casum にかかります。
casum は「事情、不幸」を意味する第四変化名詞、男性・単数・対格です。
aspicere は「見る、理解する」を意味する第三変化動詞 aspicio の不定法・能動相・現在です。
debet は「・・・すべきである」を意味する第二変化動詞 debeo の直説法・能動相・現在、三人称・単数です。不定法を伴い、非人称表現となります。すなわち、「人は・・・すべきである」という意味を表します。
qui は関係代名詞、男性・単数・主格です。先行詞は省略されています。「qui 以下の者は」と訳せます。
imperat は「支配する、命令する」を意味する第一変化動詞 impero の直説法・能動相・現在、三人称・単数です。
「支配者(支配する者)は両方の事情を理解すべきである」という意味になります。
プブリリウス・シュルスの言葉です。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5