ラテン語格言

Miserum est arbitrio alterius vivere.

「ミセルム・エスト・アルビトリオー・アルテリーウス・ウィーウェレ」と読みます。
miserum は「哀れな」を意味する第1・第2変化型形容詞 miser の中性・単数・主格です。
arbitrio は「判断、思惑」を意味する第2変化中性名詞 arbitrium の単数・奪格です。「~によって」という意味を奪格は表します(「手段の奪格」)。
alterius は「他の」を意味する代名詞的形容詞 alter,-era,-erum の男性・単数・属格で arbitrio にかかります。
vivere は「生きる」を意味する第3変化動詞 vivo の不定法・能動態・現在です。この文章の主語になります。
「他人の判断に従って生きることはみじめである。」と訳せます。
プブリリウス・シュルスの言葉です。

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5