ラテン語格言

Qui nimium multis 'non amo' dicit, amat.

「クィー・ニミウム・ムルティース・ノーン・アモー・ディーキト・アマト」と読みます。
Qui は関係代名詞、男性・単数・主格です。dicit までの従属文を導きます。
nimium は「あまりにも」という意味の副詞です。
multis は「多くの」を意味する第一・第二変化形容詞 multus, -a, -um の複数与格または奪格です。
省かれている名詞は verbis か hominibus が考えられます。前者なら奪格で「多くの言葉を尽くして」、後者なら与格で「多くの人に」です。
non は amo を否定します。
amo は「私は愛する」という意味の第一変化動詞です。
dicit は「語る、言う」を意味する第三変化動詞、直説法・現在、三人称・単数です。
amat は amo の三人称・単数の形です。
「あまりに多くの言葉で(or 多くの人に)「私は愛していない」と言う者は、愛している」という意味になります。
オウィディウスの言葉です。

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5