ラテン語格言

Qui dedit beneficium taceat, narret qui accepit.

2013年2月9日

「クィー・デディト・ベネフィキウム・タケアト・ナッレト・クィー・アッケーピト」と読みます。
qui は関係代名詞で、男性・単数・主格です。
dedit は「与える」を意味する不規則変化動詞 do の完了(直説法・能動相・完了)三人称・単数です。
beneficium は「恩恵」を意味する第二変化中性名詞、単数・対格です。
前半は、「恩恵を与えた者は」と訳せます。
taceat は「黙る」を意味する第二変化動詞 taceo の接続法・能動相・現在、三人称・単数です。接続法なので「黙るのがよい」という意味になります(命令のニュアンス)。
narret は「語る」を意味する第一変化動詞 narro の接続法・能動相・現在、三人称・単数です。これも接続法なので「語るのがよい」という意味になります(命令のニュアンス)。
主語は続く qui accepit で表される名詞節です。先行詞は省略されています。
accepit は「受け取る」を意味する第三変化動詞 accipioの完了(直説法・能動相・完了)、三人称・単数です。目的語として beneficium が省略されています。
「恩恵を与えた者は黙るのがよい。受けた者は語るのがよい。」という意味になります。
セネカの言葉です(De Beneficiis, 2.11.2)。

Seneca on Society: A Guide to De Beneficiis
Miriam T. Griffin
0199245487

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5