ラテン語格言

Alis volat propriis.

「アーリース・ウォラト・プロプリイース」と読みます。
ālīs はāla,-ae f.(翼)の複数・奪格です(「手段の奪格」)。「翼によって」。
volat はvolō,-āre(飛ぶ、飛翔する)の直説法・能動態・現在、3人称単数。主語は明示されていません。この表現はオレゴン州のモットーなので、オレゴン州を主語とみなします。
propriīs は第1・第2変化形容詞proprius,-a,-um(自分の)の女性・複数・奪格です。ālīsにかかります。
「オレゴン州は自分の(propriīs)翼によって(ālīs)(空を)飛ぶ(volat)」と訳せます。
このモットーはもともと英文で"She flies with her own wings" と先に書かれたそうで、上のラテン語はその訳に当たります。
指示代名詞が Sheとなるのは、国や州は女性名詞扱いするためと考えられます。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5