ラテン語格言

Pallida Mors aequo pulsat pede pauperum tabernas regumque turris.

2011年5月15日

「パッリダ・モルス・アエクォー・プルサト・ペデ・パウペルム・タベルナース・レグムクェ・トゥッリース」と読みます。
第1・第2変化形容詞 pallidus,-a,-um は「青ざめた」という意味で、「死、死に神」を意味する Mors(女性・単数・主格)にかかります。
この文では性・数・格を一致させることにより、pallida (女性・単数・主格)の形になります。
aequō...pede は、「等しい足どりで」となります。
pēs,pedis(第3変化名詞)の単数奪格が、pede です。
第1・第2変化形容詞 aequus,-a,-um は pede と性・数・格が一致しています。
pulsatは「たたく」を意味するpulsō,-āreの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
tabernās(女性名詞 taberna,-ae f. の複数・対格:小屋)と turrīs(第3変化名詞 turris,-is f.の複数・対格:塔)を目的語にします。
pauperum(pauper の複数・属格:貧乏な→貧乏人)はtabernās にかかり、regumque (regum は第3変化名詞 rex,-gis m.の複数・属格、-que は英語の and に相当)はturrīs にかかります。
全体の訳は、「青ざめた死は、貧者の小屋も、王者のそびえ立つ館も等しい足で蹴りたたく」となります。
ローマの詩人ホラーティウスの言葉です。

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5