ラテン語格言

Virtus est vitium fugere et sapientia prima stultitia caruisse.

2012年1月12日

「ウィルトゥース・エスト・ウィティウム・フゲレ・エト・サピエンティア・プリーマ・ストゥルティティアー・カルイッセ」と読みます。
virtūs は「徳」を意味する第3変化名詞virtūs,-ūtis f.の単数・主格です。この文の主語です。
vitium は「悪徳」を意味する第2変化名詞vitium,-ī n.の単数・対格です。
fugere は「避ける」を意味する第3変化動詞fugiō,-ere の不定法・能動態・現在です。
sapientia は「知恵」を意味する第1変化名詞sapientia,-ae f.の単数・主格です。
prīma は「最初の」を意味する第1・第2変化形容詞prīmus,-a,-um の女性・単数・主格です。
stultitiā は「愚かさ」を意味する第1変化名詞stultitia,-ae f.の単数・奪格です。
caruisse は「持たない、欠いている」を意味する第2変化動詞careō,-ēre の不定法・能動態・完了です。持たないもの、欠乏しているものは、奪格で表されます。
「徳は悪徳をさけること。知恵のはじめは愚をもたぬこと」と訳せます。
ホラーティウス、『書簡詩』に見られる表現です。

追記
prīmaには「主要な」という意味もあります。その場合、「主要な知恵は愚をもたぬこと」と訳せます。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5