ラテン語格言

Nemo enim potest omnia scire.

「ネーモー・エニム・ポテスト・オムニア・スキーレ」と読みます。
nemo は「誰も・・・ない」(英語の Nobody)という意味を持ちます(単数・男性・主格)。
enim は「なぜなら、じつに、まことに」を意味します。
potest は「・・・できる」を意味する不規則変化動詞 possum の現在・単数・3人称です。不定法(この文では scire)をとります。
omnia は「すべて」を意味する第三変化形容詞 omnis, -e の中性・複数・対格です。
scire は「知る」を意味する第4変化動詞 scio の不定法・能動相・現在です。
「誰もすべてを知ることはできない」と訳せます。
ウァッロー『農業について』(De agricultura)に見られる言葉です。

余談

表題は、あらゆるジャンルに通暁した知の巨人の言葉として受け止めるとき、いっそう重く響きます。知を愛する人にとって、この言葉は情熱に水を差す言葉に聞こえるかもしれませんが、事実はその逆です。

人間はすべてを知ることができないかわりに、自分の知り得た知識を周りの仲間に、また、次の世代に伝え残すことができます。神の目から眺めれば、人間は今この瞬間にも、過去の知識のすべてを引き受け、チームワークで試行錯誤を重ね、真理に肉薄しているのです。

個々に「すべてを知ることは出来ない」。だからこそ、人間は互いに力をあわせ「学び続ける」ことに意味があります(だから大学もある)。命に限りがあるように、知識にも限界があります。でも、命も知識も(その課題も!)人類のレベルでは未来に向かって確実に継承されていきます。

ニュートンは、自分は浜辺で貝殻を集めて遊ぶ子どものようなものだ、一方真理の大海は目の前に広がっている、と述べました。海の貝殻すべてを独り占めできないから無念である、とは誰も言いません。我々は、大海の存在に畏敬の念を抱きつつ、目の前の知の貝殻と戯れる子どもでありたいと思います。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5