ラテン語格言

Multos fortuna liberat poena, metu neminem.

「ムルトース・フォルトゥーナ・リーベラット・ポエーナー・メトゥー・ネーミネム」と読みます。
multos は「数多くの」という意味を持つ形容詞 multus の男性・複数・対格です。liberat の目的語です。
fortuna(運命)が文の主語です。
libero は「解放する、自由にする」という意味を持つ第一変化の動詞です。liberat は、三人称・単数の変化形です。
poena は罰を意味する第一変化の名詞で、この文では単数・奪格です。libero は「対格」(multos)を「奪格」(poena)から解放する、という構造をとります。
したがって前半は、「運命は多くの者を罰から解放する」という意味になります。
後半の主語は省略されています。fortuna を補います。
metu は「恐怖」を意味する第四変化名詞 metus の単数・奪格です。
neminem は英語のnobody に相当するラテン語 nemo(ネーモー)の単数・対格です。
動詞は前半と同じくliberat です。
後半は、「(運命は)誰をも恐怖から解放しない。」となります。
罪を犯し、運良く法的責任をまぬがれても、良心の呵責が消えずに残るという意味でしょう。セネカの『倫理書簡集』に見られる言葉です(Sen.Ep.97.16)。

セネカ哲学全集〈6〉倫理書簡集II
セネカ Seneca
4000926365

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5