ラテン語格言

Magnum pauperies opprobrium jubet quidvis aut facere aut pati.

Magnum pauperiēs opprobrium jubet quidvīs aut facere aut patī.
「マグヌム・パウペリエース・オップロブリウム・ユベト・クゥィドウィース・アウト・ファケレ・アウト・パティー」と読みます。
magnumは「大きな」を意味する第1・第2変化形容詞magnus,-a,-umの中性・単数・対格です。
pauperiesは「貧乏」を意味する第5変化名詞、単数・主格です。
opprobriumは「恥辱」を意味する第2変化中性名詞、単数・主格です。
jubetは「命じる」を意味する第2変化動詞jubeoの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
quidvisは「誰でも、何でも」を意味する不定代名詞quivis,quidvisの中性・単数・対格です。
aut A aut Bは「AまたはB」を意味します。
facereは「行う」を意味する第3変化B動詞facioの不定法・能動態・現在です。
patiは「耐える」を意味する形式受動態動詞patiorの不定法・受動態・現在です。
「貧乏は大きな恥辱として、どんなことでも行うように、あるいは耐えるように命じる」と訳せます。
ホラーティウスの『カルミナ』に見られる表現です(Hor.Carm.3.24.42-43)。

ホラティウス全集
鈴木 一郎
4472119013

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5