Litore quot conchae, tot sunt in amore dolores.

  • URLをコピーしました!

「リートレ・クゥォト・コンカエ・トト・スント・イン・アモーレ・ドローレース。」と読みます。
litoreは「海岸」を意味する第3変化名詞 litus,litoris n.の単数・奪格です(「場所の奪格」)。
quotはtotと呼応し「~だけ多くの」を意味する不変化関係詞です。
conchaeは「貝殻」を意味する第1変化名詞 concha,-ae f.の複数・主格です。
quot conchaeの次にsuntを補います。「貝殻が(conchae)ある(sunt)だけ多くの(litore)」。
totはquotと呼応し「それだけ多くの」を意味する不変化形容詞でdoloresにかかります。
suntは不規則動詞sum(ある)の直説法・現在、3人称単数です。
inは「<奪格>において」を意味する前置詞です。
amoreは「愛、恋」を意味する第3変化名詞 amor,-oris m.の単数・奪格です。
doloresは「悲しみ」を意味する第3変化名詞 dolor,-oris,m.の複数・主格です。
「浜辺に貝殻があるだけ多くの、それだけ多くの悲しみが恋にはある」と訳せます。
ローマの詩人オウィディウスの『恋の技術』(Ov.A.A.2.519)に見られる言葉です。

恋愛指南―アルス・アマトリア (岩波文庫)
オウィディウス Ovidius
4003212037

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ラテン語愛好家。京都大学助手、京都工芸繊維大学助教授を経て、現在学校法人北白川学園理事長。北白川幼稚園園長。私塾「山の学校」代表。FF8その他ラテン語の訳詩、西洋古典文学の翻訳。キケロー「神々の本性について」、プラウトゥス「カシナ」、テレンティウス「兄弟」、ネポス「英雄伝」等。単著に「ローマ人の名言88」(牧野出版)、「しっかり学ぶ初級ラテン語」、「ラテン語を読む─キケロー「スキーピオーの夢」」(ベレ出版)、「お山の幼稚園で育つ」(世界思想社)。

コメント

コメントする

目次