ラテン語格言

In tenui labor, at tenuis non gloria.

「イン・テヌイー・ラボル・アト・テヌイス・ノーン・グローリア」と読みます。
tenui は第三変化形容詞 tenuis(小さい)の男性・単数・奪格です。修飾する名詞は省かれ、in と組み合わされて「小さいものの中に」となります。
labor は「労働、仕事、苦労」という意味をもつ第三変化名詞の単数主格です。文の主語になっています。動詞 est は省略されています。
「仕事は小さなものの中に存在する」というのが直訳になります。
laborを「苦労」ととると、「細部に苦労が宿る」と訳すこともできます。
atは接続詞で「しかし」という意味です。
gloria は「栄光」を意味する第一変化名詞の単数・主格です。後半の文の主語になっています。
補語は tenuis です。
gloria non tenuis est. (栄光は小さくない)を意味します。
「仕事は小さなことがらを対象とするが、得られる栄光は小さくない。」という意味になります。
ウェルギリウスの『農耕詩』に見られる言葉です(Geo.4.7)。

牧歌/農耕詩 (西洋古典叢書)
ウェルギリウス 小川 正広
4876981515

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5