ラテン語格言

Saepe subit poenas, ori qui non dat habenas.

「サエペ・スビト・ポエナース・オーリー・クゥィー・ノーン・ダト・ハベーナース」と読みます。
saepeは「しばしば」を意味する副詞です。
subitは「(災難などを)被る」を意味する不規則動詞 subeoの直説法・能動態・現在、3人称単数です(eoの合成動詞)。
poenasは「罰」を意味する第1変化名詞 poenaの複数・対格です。
oriは「口」を意味する第3変化名詞osの単数・与格です。
quiは関係代名詞、男性・単数・主格です。先行詞は省かれています。
datは「与える」を意味する不規則動詞doの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
habenasは「手綱、抑制」を意味する第1変化名詞habenaの複数・対格です。
「口に抑制を与えない者は、しばしば罰を被る」と訳せます。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5