ラテン語格言

Superbus et avarus numquam quiescunt.

「スペルブス・エト・アウァールス・ヌンクゥァム・クゥィエスクント」と読みます。
superbusは「傲慢な」を意味する第1・第2変化形容詞 superbus,-a,-um の男性・単数・主格です。この文では「傲慢な者」を意味する名詞として使われています。
avarusは「貪欲な」を意味する第1・第2変化形容詞 avarus,-a,-umの男性・単数・主格です。「貪欲な者」を意味します。
numquamは「けっして~ない」を意味する副詞です。
quiescuntは「穏やかになる、落ち着く、平静になる」を意味する第3変化動詞 quiescoの直説法・能動態・現在、3人称・複数です。
「傲慢な者や貪欲な者はけっして心を落ち着けることがない」と訳せます。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5