ラテン語格言

Non omne quod nitet aurum est.

「ノーン・オムネ・クゥォド・ニテト・アウルム・エスト」と読みます。
omneは「すべて」を意味する第3変化形容詞 omnis,-e の中性・単数・主格です。形容詞ですが、「すべて」を意味する名詞として使われています。この文の主語です。
quodは関係代名詞、中性・単数・主格です。先行詞はomneです。
nitetは「輝く」を意味する第2変化動詞 niteoの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
aurumは「黄金、金」を意味する第2変化名詞 aurum,-i n. の単数・主格です。
「輝くものすべてが黄金とは限らない」と訳せます。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5