ラテン語格言

Plerique inter mortis metum et vitae tormenta miseri fluctuantur et vivere nolunt, mori nesciunt.

2014年4月1日

「プレーリークゥェ・インテル・モルティス・メトゥム・エト・ウィータエ・トルメンタ・ミセリー・フルクトゥアントゥル・エト・ウィーウェレ・ノールント・モリー・ネスキウント」と読みます。
pleriqueは「非常に多くの」を意味する第1・第2変化形容詞 plerique,-aeque,-aque (←いずれも複数・主格の形)の男性・複数・主格です。名詞的に使われ、「非常に多くの人々は」と訳します。
interは「~の間に」を意味する対格支配の前置詞です。metumとtormentaを支配します(これらの対格とともに副詞句を作ります)。
mortisは「死」を意味する第3変化名詞morsの単数・属格です。metumにかかります。
metumは「恐怖」を意味する第4変化名詞metus,-us m.の単数・対格です。
vitaeは「人生」を意味する第1変化名詞vitaの単数・属格です。tormentaにかかります。
tormentaは「苦悩」を意味する第2変化中性名詞、複数・対格です。
miseriは「惨めな、不幸な」を意味する第1・第2変化形容詞 miser,-era,-erumの男性・複数・主格です。主語pleriqueを形容しますが、日本語に直す場合は副詞的に訳すと自然です(形容詞の副詞的用法)。
fluctuanturは「波打つ、動揺する」を意味するfluctuorの直説法・受動態・現在、3人称複数です。fluctuorは受動の形で能動のfluctuo(波打つ、動揺する)と同じ意味を表します。
vivereは「生きる」を意味する第3変化動詞vivoの不定法・能動態・現在です。
noluntは「<不定法を>欲しない、望まない」を意味する不規則動詞noloの直説法・能動態・現在、3人称複数です。
moriは「死ぬ」を意味する形式受動態動詞moriorの不定法・受動態・現在です。
nesciuntは「<不定法が>できない」を意味する第4変化動詞nescioの直説法・能動態・現在、3人称複数です。
Plerique inter mortis metum et vitae tormenta miseri fluctuantur et vivere nolunt, mori nesciunt.
「極めて多くの人々は死の恐怖と人生の苦悩の間で惨めに動揺し、生きることを望まず、死ぬことも出来ずにいる」と訳せます。
セネカの『倫理書簡集』に見られる表現です(Ep.4.5)。

セネカ哲学全集〈5〉倫理書簡集 I
兼利 琢也

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5