ラテン語格言 第3部の例文

Est quaedam flere voluptas.

2018年10月24日

「エスト・クゥァエダム・フレーレ・ウォルプタース」と読みます。
est は不規則動詞sum,esseの直説法・現在、3人称単数です。「<主語>が存在する(est)」という意味と「<主語>は<補語>である(est)」という場合と2通りの訳し方が出来ます。表題は後者の例です。
quaedam (或る、何らかの、一種の)は不定形容詞 quīdam,quaedam,quoddam の女性・単数・主格です。voluptās にかかります。
flēreはfleō,-ēre(泣く)の不定法・能動態・現在です。中性・単数名詞として主語になります。
voluptās は「喜び、快楽」を意味する第3変化名詞voluptās,-ātis f.の単数・主格です。文の補語です。
「泣くことはある種の喜びである」という意味になります。
オウィディウスの『悲しみの歌』に見られる表現です(4.3.37)。

-ラテン語格言, 第3部の例文
-, , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5