ラテン語格言

Stultus nil celat: quod habet sub corde revelat.

「ストゥルトゥス・ニール・ケーラト・クゥォド・ハベト・スブ・コルデ・レウェーラト」と読みます。
stultusは「愚かな」を意味する第1・第2変化形容詞、男性・端数・主格です。ここでは名詞的に用いられ、「愚か者は」と訳せます。
nilは英語のnothingに対応する中性の不変化名詞、端数・対格です。
celatは「隠す」を意味する第1変化動詞 celo,-are の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
quodは関係代名詞、中性・端数・対格です。先行詞 idは省略されています。
habetは「持つ」を意味する第2変化動詞 habeo,-ere の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
subは「~の下に」を意味する奪格支配の前置詞です。
cordeは「心」を意味する第3変化中性名詞 cor,cordis n. の端数・奪格です。
revelatは「明らかにする、明るみに出す」を意味する第1変化動詞 revelo,-are の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
「愚か者は何も隠さない。彼は心の下に(奥に)持つものを明るみに出す」と訳せます。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5