ラテン語格言

Exstinctus amabitur idem.

2018年11月1日

「エクスティンクトゥス・アマービトゥル・イーデム」と読みます。
exstinctus は「亡くなった(状態)」を意味する第1・第2変化形容詞、男性・単数・主格です。
この文では主語 īdemと性・数・格が一致。「述語的」に訳すと、「同じ者は(īdem)亡くなると(Exstinctus)」。
amābitur は、「愛する」を意味する第1変化動詞 amō,-āre の直説法・受動態・未来、3人称単数です。
īdem は「同じ(人)」を意味する指示代名詞īdem,eadem,idemの男性・単数・主格で、この文の主語です。
「同じ人が亡くなった状態で(=亡くなったら)愛されるだろう。」と訳せます。
あることで話題にしている人物が īdem と呼ばれ、「その同じ人が、ひとたび亡くなると(生前とはうってかわって)愛されるようになる」という意味で解釈できます。
ホラーティウスの『書簡詩』に見られる言葉です。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5