ラテン語格言

Edere oportet ut vivas, non vivere ut edas.

「エデレ・オポルテト・ウト・ウィーウァース・ノーン・ウィーウェレ・ウト・エダース」と読みます。
Edere はedō,edere(esse)(食べる)の不定法・能動態・現在です。別形にesse があります。
oportet は非人称動詞で、不定法を伴い、「~しなければならない」を意味します。
ut(~するために)は目的文(動詞は接続法)を導きます。
vīvās は「生きる」を意味する第3変化動詞 vīvō,-ere の接続法・能動態・現在、2人称単数です。
nōnは「~でない」を意味し、省略されたoportetを否定します。
vīvere はvīvō,-ere(生きる)の不定法・能動態・現在です。
ut(~するために)は目的文(動詞は接続法)を導きます。
edāsはedō,edere(esse)(食べる)の接続法・能動態・現在、2人称単数です。
「あなたたちは生きるために食べるべきであり、食べるために生きるべきではない」という意味になります。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5