ラテン語格言

Ignoscent, si quid peccavero stultus, amici.

「イグノースケント・シー・クゥィド・ペッカーウェロー・ストゥルトゥス・アミーキー」と読みます。
ignoscentは「許す」を意味する第3変化動詞ignoscoの直説法・能動態・未来、3人称複数です。
siは「もしも」を意味する接続詞です。quidはaliquidを表します。逆に言うと、aliquidはsiに続けて用いられるとき、ali-が省かれます。aliquidは「誰か、何か」を意味する不定代名詞aliquis,aliqua,aliquidの中性・単数・対格です。
peccaveroは「間違いを犯す」を意味する第1変化動詞peccoの直説法・能動態・未来完了、1人称単数です。
stultusは「愚かな」を意味する第1・第2変化形容詞、男性・単数・主格です。この文では副詞的に用いられています。
amiciは「友」を意味する第2変化名詞amicusの複数・主格です。
「私が愚かに間違いを犯しても、友は許してくれるだろう」と訳せます。
ホラーティウスの『風刺詩』に見られる表現です(Hor.Sat.1.3.140)。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5