ラテン語格言

Veritas numquam perit.

2013年9月29日

「ウェーリタース・ヌンクゥァム・ペリト」と読みます。
vēritās は「真実、真理」を意味する第3変化名詞 vēritās,-ātis f.の単数・主格です。文の主語です。
numquam は「けっして~しない」を意味する副詞です。動詞peritを否定します。
peritはpereō,-īre(滅びる)の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
不定法(・能動態・現在)はperīreとなり、語尾がīreとなることから、第5変化動詞とわかります。
「真理は決して滅びない」と訳せます。
セネカの『トロイアの女たち』に出てくる表現です(614)。

セネカ悲劇集〈1〉 (西洋古典叢書)
セネカ 高橋宏幸

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5