ラテン語格言

Non ignara mali, miseris succurrere disco.

2012年8月24日

「ノーン・イグナーラ・マリー・ミセリース・スックッレレ・ディスコー」と読みます。
ignāra は「<属格を>知らない」という意味の第1・第2変化形容詞 ignārus,-a,-um の女性・単数・主格です。
この文の話者はディードーというカルターゴーの女王。それで主語を修飾する形容詞も女性形になっています。
malī は「不幸」を意味する第2変化名詞 malum,-ī n. の単数・属格です。
miserīs は「あわれな」を意味する第1・第2変化形容詞 miser,misera,miserum の男性・複数・与格です。ここでは名詞的に使われ、「あわれな人たち」を意味します。
succurrere は「<与格を>助ける」という意味の第3変化動詞 succurrō,-ere の不定法・能動態・現在です。
discō は「学ぶ」を意味する第3変化動詞 discō,-ereの直接法・能動態・現在、1人称単数です。
「私は不幸を知らぬことはない。あわれな人々を救うことを学んでいます」と訳せます。
ディードーがトロイアの落ち武者アエネーアースに語る有名な言葉です(Verg.Aen.1.630)。

アエネーイス (西洋古典叢書)
ウェルギリウス 岡 道男

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5