ラテン語格言

Nemo tam pauper vivit quam natus est.

2012年1月12日

「ネーモー・タム・パウペル・ウィーウィト・クァム・ナートゥス・エスト」と読みます。
nēmō は英語の nobody 同様「誰も~ない」という意味を表します。
tam は「~ほど」という意味で、この文では quam と呼応し、「quam 以下ほど」と訳せます。
pauper は「貧しい」を意味する第3変化形容詞pauper,pauperisの男性・単数・主格です。形容詞の副詞的用法とみなします。「貧しく」。
vīvit は「生きる」を意味する第3変化動詞 vīvō,-ere の直説法・能動態・現在、3人称単数です。
nātus は 形式受動態動詞nascor,-scī の完了分詞、男性・単数・主格です。nascor est で直説法・受動態・完了の形となります。日本語に直すと「生まれた」。
「誰も生まれた時ほど貧しく生きることはない」と訳せます。
セネカ、『倫理書簡集』に見られる表現です。

-ラテン語格言
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5