ラテン語格言

Beatus ille, qui procul negotiis paterna rura bobus exercet suis.

「ベアートゥス・イッレ・クィー・プロクル・ネゴーティイース・パテルナ・ルーラ・ボーブス・エクセルケト・スイース」と読みます。
beātusは第1・第2変化形容詞beātus,-a,-um(幸福な)の男性・単数・主格です。文の補語です。動詞est(不規則動詞sum,esseの直説法・現在、3人称単数)が省略されています。
illeは指示代名詞ille,illa,illud(あれ)の男性・単数・主格です。quī以下の関係文を受け、「quī以下の者は(ile)」と訳します。
quīは関係代名詞quī,quae,quodの男性・単数・主格です。先行詞はilleです。
proculは「~を離れて」を意味する副詞です。
negōtiīsはnegōtium,-ī n.(なすべき仕事)の複数・奪格です。
procul negotiisで「なすべき仕事を離れて」。
paternaは第1・第2変化形容詞paternus,-a,-um(父祖伝来の)の中性・複数・対格。rūraにかかります。
rūraはrūs,rūris n.(田舎)の複数・対格です。
bōbus は bōs,bovis c.(牛)の複数・奪格(「手段の奪格」)。
exercetはexerceō,-ēre(耕す)のチョクセツホウ・ノウドウタイ・ゲンザイ、3人称単数。
suīsは3人称の所有形容詞suus,-a,-um(自分の)の男性・複数・奪格で、bōbusにかかります。
「なすべき仕事を離れ、父祖伝来の田舎の土地を、自分の牛を使って耕す者は、幸いである。」と訳せます。
ホラーティウスの言葉です(Epod.2.1ff.)。

ホラティウス全集
鈴木 一郎
玉川大学出版部

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5