ラテン語格言

Non sumus in ullius potestate, cum mors in nostra potestate sit.

「ノーン・スムス・イン・ウッリーウス・ポテスターテ・クム・モルス・イン・ノストラー・ポテスターテ・シト」と読みます。
ullius は「誰か」を意味する代名詞的形容詞 ullus, -a, -um の男性・単数・属格です。
potestate は「支配」を意味する第三変化名詞 potestas の単数奪格です。
前半は、「われわれは誰かの支配の中にはない」と訳せます。
cum は「;・・の時に」を意味する接続詞です。
mors は「死」を意味する第三変化名詞、単数主格です。
sit は「・・・である/ ある」を意味する不規則動詞 sum の接続法・現在、三人称単数です。
「死が我々の支配下にあるとき、我々は何にも支配されることはない」と訳せます。
セネカ、『倫理書簡集』(91.21)に見られる表現です。

-ラテン語格言
-, , , , , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5