Solvite corde metum, Teucri, secludite curas.

  • URLをコピーしました!

「ソルウィテ・コルデ・メトゥム・テウクリー・セークルーディテ・クーラース」と読みます。
Solvite: solvō,-ere(解く)の命令法・能動態・現在、2人称複数です。
corde: cor,cordis n.(心)の単数・奪格(「離反の奪格」)です。「心から」。
metum: metus,-ūs m.(恐れ)の単数・対格です。
Teucrī: Teucrī,-ōrum m.pl.(テウクリー人)の呼格です。テウクリー人はトロイア人の別名です。
sēclūdite: sēclūdō,-ere(追い払う)の命令法・能動態・現在、2人称複数です。
cūrās: cūra,-ae f.(心配、不安)の複数・対格です。
「テウクリー人よ(Teucrī)、心から(corde)恐れを(metum)解きなさい(Solvite)。不安を(cūrās)追い払いなさい(sēclūdite)」と訳せます。
ウェルギリウスの『アエネーイス』(1.562)に見られる言葉です。トロイア人を前にしたカルタゴの女王ディードーの第一声がこれです。
アエネーアースが部下アカーテースに向かって用いた言葉(1.463 Solve metūs; feret haec aliquam tibi fāma salūtem.)を想起させます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ラテン語愛好家。京都大学助手、京都工芸繊維大学助教授を経て、現在学校法人北白川学園理事長。北白川幼稚園園長。私塾「山の学校」代表。FF8その他ラテン語の訳詩、西洋古典文学の翻訳。キケロー「神々の本性について」、プラウトゥス「カシナ」、テレンティウス「兄弟」、ネポス「英雄伝」等。単著に「ローマ人の名言88」(牧野出版)、「しっかり学ぶ初級ラテン語」、「ラテン語を読む─キケロー「スキーピオーの夢」」(ベレ出版)、「お山の幼稚園で育つ」(世界思想社)。

コメント

コメントする

目次