ラテン語格言

Credebas dormienti haec tibi confecturos deos?

「クレーデーバース・ドルミエンティー・ハエク・ティビ・コンフェクトゥーロース・デオース」と読みます。
Crēdēbāsはcrēdō,-ere(信じる)の直説法・能動態・未完了過去、2人称単数です。この文は疑問文なので、「おまえは信じたのか」となります。
dormientīはdorimiō,-īre(眠る)の現在分詞、男性・単数・与格です。tibiにかかります(「属性的用法」)。
haecは指示代名詞hic,haec,hoc(これ)の中性・複数・対格で、confectūrōsの目的語です。
tibiは2人称単数の人称代名詞、与格です。「おまえのために」。
confectūrōsはconficiō,-ere(やり遂げる、完成する)の未来分詞、男性・複数・対格です。esseを補い、ここにconficiōの不定法・能動態・未来を認めます。
deōsはdeus,-ī m.(神)の複数・対格です。不定法(confectūrōs esse)の意味上の主語です(「対格不定法」)。
「おまえは神々が(deōs)これらのことを(haec)おまえのために(tibi)やり遂げるだろうことを(confectūrōs esse)信じたのか(crēdēbās)」と訳せます。
ローマの喜劇詩人テレンティウスの『兄弟』に見られる表現です(Ter.Ad.693)。
「自分は何もせず、万事うまく運ぶと思ったのか(それではいけない)」と父親が息子に述べる言葉です。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5