ラテン語格言

Corpus sine pectore.

「コルプス・シネ・ペクトレ」と読みます。
corpus は「体」を意味する第3変化名詞corpus,-poris n.の単数・主格です。
sine は「~なしの」(英語のwithout)を意味する前置詞で、奪格をとります。
pectore は「心」を意味する第3変化名詞pectus,-toris n.の単数・奪格です。
「心なき肉体」という意味になります。
ホラーティウスの次の詩句に見られる言葉です。

non tu corpus eras sine pectore. おまえは心なき肉体ではなかった。
Di tibi formam, di tibi divitias dederant, artemque fruendi. 神々はおまえに(美しい)姿を与え、富も与え、(それらを)享受する技も与えていた。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5