ラテン語格言

Ex fructu arbor agnoscitur.

「エクス・フルクトゥー・アルボル・アグノスキトゥル」と読みます。
ex は「~から」(英語の from)と訳せる前置詞で奪格をとります。
fructū は「果実」を意味する第4変化名詞fructus,-ūs m. の単数・奪格です。
arbor は「木」を意味する第3変化名詞arbor,-boris f.の単数・主格です。
agnoscitur は「認識する、識別する」を意味する第3変化動詞agnoscō,-ere の直接法・受動態・現在、3人称単数です。
「果実から木は識別される」というのが直訳です。
「木はその果実によってなんという木かがわかる」という意味です。転じて、人の真価は行動によって判断できるという趣旨の格言です。

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5