ラテン語格言

Mors est optanda, si aliquo animum deducit, ubi sit futurus aeternus.

「モルス・エスト・オプタンダ・シー・アリクゥォー・アニムム・デードゥーキト・ウビ・シト・フトゥールス・アエテルヌス」と読みます。
morsは「死」を意味する第3変化名詞、単数・主格です。
optandaは「望む」を意味する第1変化動詞optoの動形容詞、女性・単数・主格です。
aliquoはaliquis (m.f.) 「誰かある人」、aliquid (n.)「何かあるもの」を意味する不定代名詞の中性・単数・奪格です。この文では「どこかに」と訳します。
animumは「魂」を意味する第2変化名詞animusの単数・対格です。
ubiは英語のwhereに相当する関係副詞です。先行詞はaliquoです。
sitはsumの接続法・能動態・現在、3人称単数です。
futūrusはsumの未来分詞、男性・単数・主格です。
「未来分詞+simの変化」が従属文で用いられるとき、主文「以後」の時間を表します。
aeternusは「永遠の」を意味する第1・第2変化形容詞、男性・単数・主格です。
「死は望むべきものである、もし魂が永遠に存在できるようなどこかに、それ(死)が魂を導くのであれば」と訳せます。
キケローの『老年について』に見られる表現です(Cic.Sen.66)。

老年について (岩波文庫)
キケロー 中務 哲郎
4003361121

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5