ラテン語格言

Verbum semel emissum volat irrevocabile.

2016年9月24日

「ウェルブム・セメル・エーミッスム・ウォラト・イッレウォカービレ」と読みます。
verbum は「言葉」を意味する第2変化名詞 verbum,-ī n.の単数・主格です。
semel は「ひとたび」を意味する副詞です。
ēmissum は「送り出す、放つ」を意味する第3変化動詞 ēmittō,-ere の完了分詞でverbum と性・数・格が一致します。「放たれた言葉は」と訳せます。「言葉は放たれると」と訳すこともできます。
volat は「飛ぶ」を意味する第1変化動詞 volō,-āre の直接法・能動態・現在、3人称単数です。
irrevocābile は「呼び戻せない、取り消せない」を意味する第三変化形容詞 irrevocābilis,-e の中性・単数・主格です。主語の verbum と性・数・格が一致します。この形容詞は副詞的に使われています。
「一度発せられた言葉は取り消せないまま飛んでゆく」と訳せます。または、「言葉は一度発せられると・・・」とも訳せます。
「綸言(りんげん)汗の如し」と同じ趣旨の言葉です。
ホラーティウスの『書簡詩』(1.18.71)に見られる表現です。

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5