ラテン語格言

Ferre omnes omnia possent.

「フェッレ・オムネース・オムニア・ポッセント」と読みます。
ferreは不規則動詞 ferō,ferre(生む)の不定法・能動態・現在です。
omnēsは第3変化形容詞 omnis,-e(すべての)の男性・複数・主格です。
omniaは第3変化形容詞 omnis,-e(すべての)の中性・複数・対格です。
possentは不規則動詞 possum,posse(~できる)の接続法・能動態・未完了過去、3人称複数です。
「すべてのものは(omnēs)すべてのものを(omnia)生むことが(ferre)できてしまうだろう(possent)」と訳せます。
接続法・未完了過去が使われているので、英語の仮定法・過去と同じく、現在の事実に反する仮定を行ったときの言い方になります。
原文に照らすと、もし確たる自然の法則がないものと仮定すると、上の一文のように「すべてのもの(樹木)がすべてのもの(果実や花)を生むことになるだろう」、むろんそんな馬鹿な話はない、となります。
ルクレーティウスの『事物の本性について』に見られる表現です(1.166)。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5