ラテン語格言

Ex vitio sapiens alieno emendat suum.

「エクス・ウィティオー・サピエンス・アリエーノー・エーメンダト・スウム」と読みます。
exは「<奪格>から」を意味する前置詞です。
vitiōは「過ち、欠点」を意味する第2変化名詞 vitium,-ī n.の単数・奪格です。
sapiensは「賢者」を意味する第3変化名詞 sapiens,-entis m.の単数・主格です。
aliēnōは「他人の」を意味する第1・第2変化形容詞 aliēnus,-a,-umの中性・単数・奪格です。vitiōにかかります。
ēmendatは「正す」を意味する第1変化動詞 ēmendō,-āreの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
suumは「自分の」を意味する第1・第2変化形容詞 suus,-a,-umの中性・単数・対格です。省略されている vitiumにかかります。
「賢者は他人の過ちから己の過ちを正す」と訳せます。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5