ラテン語格言

Scintilla etiam exigua in tenebris micat.

「スキンティッラ・エティアム・エクシグア・イン・テネブリース・ミカト」と読みます。
scintillaは「火の粉」を意味する第1変化名詞 scintilla,-ae f.の単数・主格です。
etiamは「~さえ」を意味する副詞です。
exiguaは「わずかの、少量の」を意味する第1・第2変化形容詞 exiguus,-a,-umの女性・単数・主格です。
inは「<奪格>の中で」を意味する前置詞です。
tenebrisは「暗闇」を意味する第1変化名詞 tenebra,-ae f.の複数・奪格です。
micatは「輝く」を意味する第1変化動詞 mico,-areの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
「わずかの火の子でも暗闇の中で輝く」、「たとえわずかでも火の粉は暗闇で輝く」と訳せます。

-ラテン語格言

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5