ラテン語格言

Non quia difficilia sunt, non audemus; sed quia non audemus, difficilia sunt.

「ノーン・クゥィア・ディッフィキリア・スント・ノーン・アウデームス・セド・クゥィア・ノーン・アウデームス・ディッフィキリア・スント」と読みます。
全体がNōn A sed B(AでなくB)の構文になっています。英語のNot A but Bと同じです。
冒頭のNōnはquiaの導く理由文を否定しています。「~だからではない」。
quiaは「~なので」を意味し、理由文を導きます。
difficiliaは3変化形容詞 difficilis,-e(難しい、困難な)の中性・複数・主格です。
suntは不規則動詞sum,esse(である)の直説法・現在、3人称複数です。主語は明示されていませんが、我々が取り組む課題を意味していると考えられ、それが中性・複数の名詞としてとらえられています。
nōnはaudēmusを否定します。
audēmusは「あえて行う、勇気を出して行う、挑戦する」を意味する第2変化動詞 audeō,-ēreの直説法・能動態・現在、1人称複数です。
「我々は(取り組む課題が)難しい(difficilia)から(quia)挑戦しない(nōn audēmus)のではない(Nōn)」と訳せます。
sedは「しかし、むしろ」を意味する接続詞です。
quiaは「~なので」を意味し、理由文を導きます。
nōnは「~でない」。audēmusを否定します。
audēmusは「挑戦する」を意味する第2変化動詞audeō,-ēreの直説法・能動態・現在、1人称複数です。
difficiliaは第3変化形容詞difficilis,-e(難しい)の中性・複数・主格です。
suntは不規則動詞sum,esse(である)の直説法・現在、3人称複数です。
後半は、「むしろ(sed)我々が挑戦しない(nōn audēmus)ので(quia)それら(=我々の課題)は難しい(difficilia sunt)」と訳せます。
全体は、「難しいから挑戦しないのではなく、挑戦しないから難しい」という意味です。
セネカの『倫理書簡集』に見られる言葉です(Ep.104.26)。

セネカ哲学全集〈6〉倫理書簡集II
セネカ Seneca

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5