ラテン語格言

Justitia sine prudentia multum poterit; sine justitia nihil valebit prudentia.

「ユースティティア・シネ・プルーデンティアー・ムルトゥム・ポテリト・シネ・ユースティティアー・ニヒル・ウァレービト・プルーデンティア」と読みます。
Justitiaは「正義」を意味する第1変化名詞、単数・主格です。
sineは「<奪格>なしに」を意味する前置詞です。
prudentiaは「知恵」を意味する第1変化名詞、単数・奪格です。
multumは「大いに」を意味する副詞です。
poteritは「力を持つ」を意味する不規則動詞possumの直説法・能動態・未来、3人称単数です。
後半のjustitiaは単数・奪格です。sineとともに「正義なしに」を意味します。
nihil は副詞で、「全然・・・ない」、「まったく・・・ない」といった意味を表します。
valebitは「力を持つ」を意味する第2変化動詞valeoの直説法・能動態・未来、3人称単数です。
後半の文の主語はprudentiaです。
「正義は知恵なしにも大いに力を持つだろう。知恵は正義なしには何も力を持たぬだろう。」と訳せます。
キケロー『義務について』に見られる表現です(Off.2.9.34)。

キケロー選集〈9〉哲学II―大カトー・老年について ラエリウス友情について 義務について
キケロー 中務 哲郎
4000922599

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5