ラテン語格言

Ipsa tellus omnia liberius ferebat.

「イプサ・テッルス・オムニア・リーベリウス・フェレーバト」と読みます。
ipsaは「~自身」を意味する強意代名詞ipse,ipsa,ipsumの女性・単数・主格です。tellusにかかります。
tellusは「大地」を意味する第3変化名詞tellus,-urisの単数・主格です。
omniaは「すべての」を意味する第3変化形容詞の問題ですomnisの中性・複数・対格です。この文では名詞として用いられ、ferebatの目的語になります。「すべてのものを」と訳します。
liberiusは副詞libere(自由に)の比較級で、「より自由に、より気前よく」を意味します。
ferebatは「生む」を意味する不規則動詞feroの直説法・能動態・未完了過去、3人称単数です。
「大地は自らすべてのものを(今)より気前よく生み出していた」と訳せます。
ウェルギリウスの『『農耕詩』』に見られる黄金時代の描写です(Verg.Geo.1.127-128)。

牧歌/農耕詩 (西洋古典叢書)
ウェルギリウス 小川 正広
4876981515

 

-ラテン語格言
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5