ラテン語格言

Tranquillas etiam naufragus horret aquas.

2014年2月7日

「トランクゥィッラース・エティアム・ナウフラグス・ホッレト・アクゥァース」と読みます。
tranquillasは「静かな」を意味する第1・第2変化形容詞 tranquillus,-a,-umの女性・複数・対格です。aquasにかかります。
etiamは「~さえ」を意味します。この文では「tranquillasなaquasさえ」と訳せます。
naufragusは「溺れた者」を意味する第2変化男性名詞、単数・主格です。
horretは「恐れる、震える」を意味する第2変化動詞 horreoの直説法・能動態・現在、3人称単数です。
aquasは「水」を意味する第1変化女性名詞、複数・対格です。
「溺れた者は静かな水さえ恐れる」と訳せます。
オウィディウスの言葉です(Ex Ponto 2.7.8)。
「羮(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」という格言を思い出します。

悲しみの歌・黒海からの手紙 (西洋古典叢書)
オウィディウス 木村 健治

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5