ラテン語格言

Ager gravidis canebat aristis.

2018年10月6日

「アゲル・グラウィディース・カーネーバト・アリスティース」と読みます。
agerはager,-grī m.(畑)の単数・主格です。
gravidīsは「重い、稔った」を意味する第1・第2変化形容詞gravidus,-a,-umの女性・複数・奪格で、aristīsにかかります。
cānēbatは「白い、灰色である」を意味する第2変化動詞cāneō,-ēre の直説法・能動態・未完了過去、3人称単数です。「畑は白くなっていた」と訳せます。
母音の長短を無視すれば、canēbatと綴りは同じです。canēbatはcanō,-ere(歌う)の直説法・能動態・未完了過去、3人称単数。こちらの動詞の場合「畑は歌っていた」となります。
aristīsは単数で「麦の穂」、複数で「収穫」を意味する第1変化女性名詞arista,-ae f. の複数・奪格です(「手段の奪格」)。
「畑は稔った穂によって白くなっていた」と訳せますが、canēbatの部分を少し意訳して「白く輝いていた」としてもよいでしょう。
オウィディウスの表現です(Ov.Met.1.110)。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5