エッセイ

100年先の世界のために

年初に当たり、京都大学文学部100周年記念誌に寄せた文章を自分でも読み返しました。一昔前まで、恐らくどこにでも見られた、または、感じられた文学部の学びの一風景を言葉に書き留めたものです。

>>文学部で学んだこと:100年先の世界のために

-エッセイ

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5