ラテン語格言

Audiatur et altera pars.

「アウディアートゥル・エト・アルテラ・パルス」と読みます。
audiātur は「聞く」を意味する第4変化動詞 audiō,-īre の接続法・受動態・現在、3人称単数です。「命令」の用法です。「聞かれるべきである」と訳します。
et は「~も」を意味します。
altera は「別の」を意味する代名詞的形容詞 alter,-era,-erum の女性・単数・主格です。pars にかかります。
pars は「部分、側」を意味する第3変化名詞pars,partis f.の単数・主格です。
「別の側(の意見)も聞かれるべきである」という意味になります。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5