西洋古典

火を剣で突く:ホラーティウス

2011年6月7日

日本語では「火に油を注ぐ」という言い方がありますが、このことをラテン語ではignem gladio scrutare (火を剣で突く)と言います。これはホラーティウスに見られる表現です。

火に関連した格言を紹介します。

Ignis nōn extinguitur igne. 火は火によって消えない。

ignis をラテン語の辞書で引くと「火」という意味だとすぐにわかります。しかし、igne の形で引いても辞書には載っていません。

igne は一語で「火によって」を意味します。この形を「奪格」と言います。英語なら by や with といった前置詞を用いて表現するところをラテン語は語尾を変えることによって一語で表現します。それだけに簡潔な表現が可能になります。ignis を例に取ると、ignis (火は)、ignis (火の)、ignem (火を)、igni (火に)、igne (火によって)と変化します。これは単数の変化です。複数の変化もあります。覚えるのは大変ですが、これを覚えないと意味が理解できません。

さて、「火は火によって消えない」のいわんとすることは、争いは争いで解決しないという意味でしょう。

Lis litem parit. (争いが争いを生む)と同じ趣旨の言葉だと思われます。

-西洋古典
-, ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5