西洋古典 訳と解説

ユーノーの神殿の絵:ウェルギリウス『アエネーイス』

2011年6月4日

『アエネーイス』第一巻の「ユーノーの神殿の絵」

Namque sub ingenti lustrat dum singula templo,
453 というのも大きな神殿の下に描かれた絵の細部を眺め、
reginam opperiens, dum, quae fortuna sit urbi,
女王を待つ間、この都市にどれほどの繁栄が訪れているかに
artificumque manus inter se operumque laborem
驚く時、また、芸術家たちの互いの技、努力の結晶を
miratur, videt Iliacas ex ordine pugnas,
感嘆して見る時、彼は目にしたのだ、順々に描かれたトロイア戦争、
bellaque iam fama totum volgata per orbem, 
今や噂によって全世界に知られた戦い、
Atridas, Priamumque, et saevum ambobus Achillem.
アトレウスの二人の息子とプリアムス、両者に残酷なアキレウスを。
Constitit, et lacrimans, ‘Quis iam locus’ inquit ‘Achate, 
彼は立ち止まり、涙ながらにこう語る。「今やどの場所が、アカーテースよ、
quae regio in terris nostri non plena laboris?
世界のいかなる国がわれわれの苦難で満たされていないか。
En Priamus! Sunt hic etiam sua praemia laudi;
見よ、プリアムスだ。ここにも誉れに対する相応の報酬がある。
sunt lacrimae rerum et mentem mortalia tangunt. 
ここには人の世の営みに対する涙がある。人間の行いは心の琴線に触れる。

Solve metus; feret haec aliquam tibi fama salutem.’
不安は取り去るがよい。ここに描かれる名声は何らかの救済をおまえにもたらすだろう」。
Sic ait, atque animum pictura pascit inani,
こう述べると、おのが心を実体のない絵によってなぐさめ、
multa gemens, largoque umectat flumine voltum.
何度もため息をつきながら、あふれ出る涙によって顔を濡らした。

この箇所の解釈について、「はかなきは世の営み」をご一読ください。

関連図書:

ギリシア人ローマ人のことば―愛・希望・運命 (岩波ジュニア新書 107)
中務 哲郎 大西 英文
4005001076

-西洋古典, 訳と解説
-, , ,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5