西洋古典 訳と解説

ウェルギリウス『アエネーイス』第Ⅰ巻「序歌」を読むKindle版

「ウェルギリウス『アエネーイス』第Ⅰ巻「序歌」を読む(Kindle版)」は、けっこう力を入れて書きました。ワードの原稿で調べると約2万7千字ほどです。

本の紹介文を転載します。

ウェルギリウスの『アエネーイス』第1巻序歌(1-33)のすべての単語について語彙と文法の説明、あわせて作品解釈のヒントになる解説をを行っています。『アエネーイス』は1万行ほどの作品ですが、序歌を丁寧に読み込むことで翻訳であれ原文読解であれ作品を最後まで読みとおすための確かな羅針盤が得られます。付録として『アエネーイス』の韻律の説明および序歌全体の韻律分析も添えました。

時間が許せば続編も書きたいと思っています。

-西洋古典, 訳と解説
-,

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5