ラテン語格言

roga bonam mentem, bonam valetudinem animi, deinde tunc corporis.

2018年11月6日

rogā bonam mentem, bonam valētūdinem animī, deinde tunc corporis.
「ロガー・ボナム・メンテム・ボナム・ウァレートゥーディネム・デインデ・トゥンク・コルポリス」と読みます。
rogāはrogō,-āre(願う)の命令法・能動態・現在、2人称単数です。
bonamは第1・第2変化形容詞bonus,-a,-um(よい)の女性・単数・対格で、mentemにかかります。
mentemはmens,mentis f.(精神)の単数・対格です。
bonamは第1・第2変化形容詞bonus,-a,-um(よい)の女性・単数・対格で、valētūdinemにかかります。
valētūdinemはvalētūdō,-dinis f.(健康)の単数・対格です。
animīはanimus,-ī m.(魂)の単数・属格で、valētūdinemにかかります。
deindeは「続いて」を意味する副詞です。
tuncは「それから」を意味する副詞です。
corporisはcorpus,-poris n.(身体)の単数・属格で、valētūdinemにかかります。
「よい(bonam)精神を(mentem)、魂の(animī)よい(bonam)健康を(valētūdinem)、それから(tunc)続いて(deinde)身体の(corporis)よい健康を願え(rogā)」と訳せます。
セネカの『倫理書簡集』(10)に見られる表現です。

<補足>
ユウェナーリス(60-130)のŌrandum est ut sit mens sāna in corpore sānō.(健全な精神が健全な肉体にあるように祈られるべきである。)を想起させます。ユウェナーリスはセネカ(B.C.1―A.D.65)より後に生まれた風刺詩人です。

-ラテン語格言
-

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5