不定法

no image

ラテン語格言

Non est consuetudo populi Romani, ullam accipere ab hoste armato conditionem.

「ノーン・エスト・コンスエートゥードー・ポプリー・ローマーニー・ウッラム・アッキペレ・アブ・ホステ・アルマートー・コンディキオーネム」と読みます。 consuetudo は「習慣、慣習」を意味する第3 ...

no image

ラテン語格言 第6部の例文

Nec scire fas est omnia.

「ネク・スキーレ・ファース・エスト・オムニア」と読みます。 nec は「~でない」を意味する副詞です。 scire は「知る」を意味する第4変化動詞 scio,-ire の不定法・能動態・現在です。 ...

no image

ラテン語格言

Non ignara mali, miseris succurrere disco.

「ノーン・イグナーラ・マリー・ミセリース・スックッレレ・ディスコー」と読みます。 ignara は「<属格を>知らない」という意味の第1・第2変化形容詞 ignarus,-a,-um の女性・単数・主 ...

no image

ラテン語格言

Non potes esse dives et felix.

2012/1/11    , ,

「ノーン・ポテス・エッセ・ディーウェス・エト・フェーリークス」と読みます。 potes は「<不定法が>できる」を意味する不規則動詞 possum の直説法・能動相・現在、二人称単数です。 esse ...

no image

ラテン語格言

Scribendi recte sapere est et principium et fons.

「スクリーベンディー・レクテー・サペレ・エスト・エト・プリンキピウム・エト・フォンス」と読みます。 scribendi は「書く」を意味する第三変化動詞 scribo の動名詞、単数属格です。prin ...

no image

ラテン語格言

Nominibus mollire licet mala.

「ノーミニブス・モッリーレ・リケト・マラ」と読みます。 nominibus は「名前、名称」を意味する第三変化中性名詞 nomen の複数奪格です。 mollire は「やわらげる」を意味する第四変化 ...

no image

ラテン語格言

Non est vivere sed valere vita est.

「ノーン・エスト・ウィーウェレ・セド・ウァレーレ・ウィータ・エスト」と読みます。 Non A sed B の構文は「AでなくB」と訳せます。 vivere は「生きる」を意味する第三変化動詞 vivo ...

no image

ラテン語格言

Fortuna opes auferre potest, non animum.

2011/6/14    , , , ,

「フォルトゥーナ・オペース・アウフェッレ・ポテスト・ノーン・アニムム」と読みます。 fortuna=運命、 opes は、ops(wealth)の複数・対格、auferre は aufero (car ...

no image

ラテン語格言

Flectere si nequeo superos, Acheronta movebo.

「フレクテレ・シー・ネクゥェオー・スペロース・アケロンタ・モウェーボー」と読みます。 flectere は「変える」を意味する第三変化動詞 flecto の不定法・能動相・現在です。 nequeo は ...

no image

ラテン語格言

Noli me tangere.

2011/5/13    ,

「ノーリー・メー・タンゲレ」と発音します。 noli は不定法を伴い、否定の命令文をつくります。 me は人称代名詞 ego の単数・対格です。 tangere は「ふれる」を意味する第三変化動詞 t ...

© 2020 山下太郎 Powered by AFFINGER5